tilt log

本と、映画に思うこと。その他、諸々のこと。

右翼と左翼

右翼と左翼、区別がわかりにくい。ぐぐればすぐ「革命期フランスの国民議会において、議長席から向かって右側に陣取ってた保守派と、左側に陣取ってた急進派で・・・云々」という語源の説明はでてくるものの、いくら読んでも実際の使われ方にピタっと当てはまらない。使いこなしている人でも大抵は、「コレは右、こっちは左と呼ばれてる」という実例から帰納的にボヤっと把握してるだけではないかと思う。

実例をあげるならこんな感じだ。

・右翼
保守派、穏健派、国粋主義天皇陛下万歳、軍備増強の賛成派、憲法9条改正の賛成派etc.

・左翼
改革派、急進派、平等主義、共産主義、無政府主義、軍キライ、憲法9条改正の反対派、etc.

やっぱりこの言葉だけ比較しても本質は見えんね、対称になってないもの。9条改正は現状変更を試みているわけで保守じゃねーだろとか、天皇陛下万歳の黒い車の人たちは穏健じゃねーだろとか、突っ込みたいポイントだらけ。ちゃんと理解するのに大事なのは、革命期フランスの保守派が何を守ろうとし、急進派は何を変えようとしていたか、ということ。

当時のフランスはすごく貧富が激しくて、その世界の勝ち組が保守派になって既得権益を守ろうとしたし、負け組がまともな生活を勝ち取ろうとした。貧富の差の源は、「身分制度」と「資本主義」の2つだ。そう2つ、ココが大事。この2つはぜんぜん違う事柄なのに、これらの賛成派と反対派をまとめて右と左に分けるから、混乱の元になるのだ。身分制度か資本主義の、いずれかを守ろうとすれば右翼、いずれかに反対すれば左翼だ。

 

まず「身分制度」。

わざと虐げられる人を作る身分制度はまずい、これは現代の共通認識。現代日本では身分制度は廃止されてるけど、まだ天皇陛下がいる。下はなくとも上はある。だから・・・
天皇陛下を敬うのは右翼。
・軍備増強してお国をお守りしよう!という封建社会的発想は右翼。
・9条改正の賛成派は、天皇陛下万歳系の人と一致するので、そのつもりがなくても右翼。反対派は消去法で左翼。
・無政府主義は身分制度を破壊するための極端な例として左翼。(ノーガードの資本主義に至るので、左翼の思想に沿うとは思えないが・・・

 

次に「資本主義」

昔の資本主義は労働者になんの保証もないノーガードの野蛮な世界で、貧しい労働者は餓死寸前な一方、勝ち組は連日舞踏会。現代の日本は生活保障とか最低賃金とかいろんな制度で最低限の生活が確保されてるし、既に左翼の主張が相当に通った後の世界なんだよね。ともあれ・・・
共産主義は、資本主義を破壊しようとする試みなので左翼。
・労働者の権利を拡大しようとするのは左翼。共産主義でなくとも労働組合は左翼。
・また、社会保障さえあれば資本主義自体は右翼とは呼ばれにくい。

 

あまり合理的な区分じゃないので、右か左かで自分や他人を規定して罵り合うのは意味ないよなー、というのが今日の結論です。