読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tilt log

本と、映画に思うこと。その他、諸々のこと。

人狼 鑑賞メモ

 攻殻と同時期の作品。セルアニメ最後の戦い。

人狼 JIN-ROH [DVD]

人狼 JIN-ROH [DVD]

 

 

・主人公は、人か、狼か。匂わせつつも断定しない演出がミソ。

・冒頭からセクトvs特機隊。地下道でジバクちゃんを追い詰める、感情のない「装甲服の顔」。 自爆の後、「装甲服の顔」を外して「生身の顔」を見せる伏。
・赤いフードを被って登場するヒロイン、圭。 組織名「赤頭巾」、朗読「女の子は鉄の服を着せられて…」、など、繰り返し圭に重ねられる赤頭巾のイメージ。
・狼を従える伏。圭を食べる狼、叫ぶ伏。博物館の狼の剥製。繰り返し伏に重ねられる狼のイメージ。素朴そうな伏の顔は狼に見えないが・・・
・「なぜ撃たなかった?」繰り返される問い。これは「お前は人か、狼か」の問いと同義。人ならば撃たない。狼ならば撃つ。しかし伏の答えは定まらない。訓練場面では「わかりません」、辺見の問いには「俺は撃つつもりだった」、不安定な伏の心理。
・ロッカーネームがカットイン。「布施」ではなく「伏」。にんべんに犬。人狼??
・クライマックス、伏が装甲服を着る。無表情な「生身の顔」が「装甲服の顔」に隠される。ここで教官曰く、「あれが本当の彼の姿だ。我々は、犬の皮を被った人間じゃない。人の皮を被った、狼なのさ」
つまり、装甲の顔(狼)こそが伏の本性。生身の顔(人)は、偽物だったのだ。 遡れば、ジバクちゃんとの遭遇が人の皮を被った瞬間。ここに至ってついに、伏は人の皮を脱いで狼に戻った。
・釣り人の格好したおっさんは、図書館で伏をチラ見したおっさん。電車内の視線のヌシと思われるおばさんもいる。みんな人狼のメンバーだったわけで、様子のおかしい伏は、事態の当初から監視されてたってわけだ。
・冒頭、人の皮を被った伏は撃たなかった。
辺見叫ぶ。「お前だって、人間じゃねぇかぁぁくぁwせdrftgyふじこ」
でも撃ちまくる伏。どばばばば。この時の伏は、「まさしく」狼。
じゃあ、、、圭も撃つの?
・赤ずきんの物語は本来、赤ずきんが狼に喰われて終わり。理不尽さのカタルシス。
後で猟師が狼をやっつけて助けるくだりは、あとから追加されたもの。 

狼は、赤ずきんを騙して誘い、喰い殺す。
それで終わり。救いはない。
圭は撃たれる。